簿記検定概要

簿記とは

規模や業種、業態を問わず、全ての会社は商法等のルールに則って帳簿をつけ、財務諸表等を作成します。
この帳簿のつけ方を理解し、そこに表れる数字の意味を理解することは、全てのビジネスパーソンにとって基礎技能であり、情報公開のすすむ今日にあって、ますます必要とされる能力でしょう。
簿記検定試験は、この帳簿を正しく記入する、あるいは帳簿の数字を読み取る能力を試す試験です。

各級のレベル一覧表

レベル
◆1 級 税理士、公認会計士などの国家試験の登竜門。
1級に合格すると、税理士試験の受験資格が得られる。
大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算並びに会計学を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。
◆2 級 高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得している。
財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できる。相手の経営状況もわかるので、株式会社の経営管理に役立つ。
◆3 級 財務担当者に必須の基本知識が身につき、商店、中小企業の経理事務に役立つ。
経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。
営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。
◆4 級 簿記入門編。
小規模小売店の経理に役立つ。
勘定科目に仕訳でき、複式簿記の仕組みを理解している。

試験内容

試験科目 制限時間 合格基準
1級 商業簿記
会計学
工業簿記
原価計算
3時間 70%以上
(ただし、1科目ごとの得点は40%以上)
2級 商業簿記
工業簿記
2時間 70%以上
3級 商業簿記
4級 商業簿記 1時間30分

 

注意事項

  • 問題に指示がある場合を除き、赤字で解答を書く必要はありません。
  • <筆記用具>
    筆記用具は、HBまたはBの黒鉛筆、シャープペン、消しゴムに限ります(ラインマーカーや色鉛筆、定規等の使用は認めません)。
  • <計算器具>
    計算器具(そろばん、電卓)を使用しても構いません。ただし、電卓は、計算機能のみのものに限り、以下の機能があるものは持ち込みできません。
    • 印刷(出力)機能
    • メロディー(音の出る)機能、
    • プログラム機能(例:関数電卓等の多機能な電卓、売価計算・原価計算等の公式の記憶機能がある電卓)
    • 辞書機能(文字入力を含む)

お申し込みについてはこちらへ